高脂血症 治療

高脂血症とは何か?治療はどんな風に行われるのか?

高脂血症という症状を今まで知らなかったという人も世の中にはたくさんいると思います。高脂血症は最近では「脂質異常症」とも呼ばれているもので、血液中の脂質が正常値よりも高かったり低かったりする状態のことを指します。

 

この症状はほとんどの場合で自覚症状があわられないので、健康診断で血液検査を受けた際にはじめて気づくというケースも多いです。そして、自覚症状がないことから高脂血症と診断されても重く受け止めずに軽く判断し、症状を放置してしまうという人もいるようです。高脂血症は悪化していくことで動脈硬化や急性膵炎などを招く可能性がある怖い病気なのです。

 

高脂血症には基本的な治療方法が3つあります。はじめのうちは食事療法と運動療法を行いますが、この2つの治療を行っていても血液中の脂質の状態が改善されない場合は薬を使った治療が行われます。
(参考URL 高脂血症、何が問題か〜原因と治療(薬・食事・運動))

 

高脂血症の食事による治療

高脂血症で最も重要になる治療方法は食事療法です。高脂血症の症状を改善していくためには生活習慣を改善する必要があります。

 

中でも食生活の改善はとても重要なポイントとなります。普段の食生活が肉類や油物が中心になっているという場合やアルコール摂取が多いという時はすぐに見直す必要があります。

 

高脂血症になってしまう原因の一つに食生活からくる高コレステロールがあります。高コレステロールの原因は肉類や油物の食べ物、暴飲暴食、アルコール摂取などです。コレステロールが高くなれば血液はドロドロになってしまいます。コレステロールを下げていくためには青魚や海藻類を食事に摂り入れていきましょう。

 

青魚や海藻にはEPAやDHAの成分が含まれていて、中性脂肪を減らしてコテステロール値を下げる働きが期待できます。食事を改善したり、中性脂肪やコレステロールを減らすものを取り入れていくことが高脂血症の治療となります。

 

高脂血症の運動による治療

高脂血症の治療は食事療法も重要ですが、それにプラスして運動療法も必要になります。高脂血症のなる原因は食生活だけではなくて、運動不足もあります。

 

食事療法にプラスして運動をしていくことで脂肪燃焼を活発にすることができるので、中性脂肪やコレステロールを減少させていくことができるのです。高脂血症の治療のために行う運動は有酸素運動です。

 

有酸素運動は毎日継続していくことで成果があらわれるので、無理をしすぎないように行っていきましょう。

 

高脂血症の薬による治療

高脂血症は自覚症状がないものなので、気付いた時にはあまりにも数値が上昇してしまっていて症状が進行してしまっていることもあります。症状が食事や運動による治療によって改善されない場合は薬による治療が行われます。

 

ここで間違ってはいけないのが、高脂血症は生活習慣が原因となっていることがほとんどなので薬による治療は根本的には治っているというわけではないのです。薬による高脂血症の治療は副作用があらわれることもあります。薬による治療を行う場合でも併用して食事療法や運動療法を行っていくことが大切です。

 

 

高脂血症 治療