高脂血症 分類

高脂血症の分類って何?種類がいくつかあるの?

高脂血症とは血液中に含まれている脂質が過剰に多いい状態や不足している状態のことをいいます。近年では高脂血症は脂質異常症という名に改名されています。

 

高脂血症は動脈硬化の原因ともなる怖い症状ですが、自覚症状がありません。なので健康診断などで血液検査をした後に、突然自分が高脂血症であるということを知るという場合も多いです。高脂血症にはさまざまな種類があります。そして高脂血症の種類を振り分ける分類方法もいくつかあります。高脂血症にはどんな分類方法があるのかを解説していきます。

 

高脂血症の分類

高脂血症の分類の方法は、診断基準に基づいて分ける分類の方法と病気の状態によって分ける分類方法があります。まずは、診断基準に基づいて分ける分類の方法についてお話ししていきます。

 

高脂血症を診断基準に基づいて分ける分類

診断基準で分けるというのは、血液中で増えている脂質を種類によって分ける分類方法です。まず、高脂血症は高コレステロール血症とも言われることがあります。

 

高コレステロール血症というのは血液中に含まれている総コレステロールの値が高い状態のことをいいます。高コレステロール血症には、後から説明する3つのタイプがあってどれか一つでも当てはまる場合は「高コレステロール血症」とされます。高コレステロール血症は生活習慣が原因とされているケースが多いようです。
(参考URL 高脂血症(高コレステロール血症))

 

高LDLコレステロール血症

LDLコレステロールが多い状態の高脂血症のことを言います。LDLコレステロールというのは悪玉コレステロールのことです。高脂血症はこの分類タイプが最も多くみられるようです。

 

悪玉コレステロールが血液中で増えるとコレステロールが血管の壁に蓄積されて血液の流れが悪くなるので動脈硬化を起こす可能性があります。

 

低HDLコレステロール血症

HDLコレステロールが少ない状態のことをいいます。HDLコレステロールというのは善玉コレステロールのことをいいます。善玉コレステロールの役割は血液中に余分にあるコレステロールを肝臓に戻すことです。なので善玉コレステロールが少なすぎると必要のないコレステロールが血管中に溜まっていってしまうので動脈硬化のリスクを高くしてしまいます。

 

高トリグリセリド血症

血液中に中性脂肪が多い状態のことをいいます。この分類は内蔵脂肪が肥満気味の人に多いとされています。中性脂肪が多いいと悪玉コレステロールが増えて善玉コレステロールが減ってしまいます。

 

結果的に、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症のような状態となるので動脈硬化のリスクが高まります。

 

高脂血症を病状によって分ける分類

高脂血症は原因によっても3つのタイプに分類されます。

 

原発性高脂血症

先天的な遺伝によって起こるもので「家族性高コレステロール血症」とも言われています。遺伝的な原因があるので治療で回復させることが難しいとされています。

 

二次性高脂血症

他の病気や薬の副作用によって二次的に起きる高脂血症です。

 

一般的な高脂血症

食生活の乱れや運動不足などの生活習慣によって起こる高脂血症です。お酒の飲み過ぎなども当てはまります。病状によっての分類の場合、高脂血症の多くがこのケースだとされています。

 

 

高脂血症 分類